外壁塗装の歴史

足場を組んだビル

住宅の外装が傷んできた場合はできるだけ外壁塗装をするべきです。外壁塗装は最近特に注目されている分野ですが、いったいその歴史はいつからあるのでしょうか。 外壁塗装は住宅の歴史でもありますので、住宅がどのように変化してきたかを知ることで、歴史がわかります。 この国では、住宅が盛んに建てられたのが戦後から20年程が経過した頃です。それ以前は、450万戸ほどの住宅が不足していた事もありましたが、住宅を建てようにも人材と資材がない状態でした。 戦後から20年が経過した後にようやく人材と資材が増えてきたのです。 この頃の外壁塗装は今よりも品質が劣るものも多く、種類もあまり豊富ではなかったのです。今のような品質はしばらく先まで待たなければならなかったのです。

外壁塗装の業界はこれからどうなるでしょうか。これから先の住宅事情を考えるとそのヒントも見えてくるはずです。 現在、住宅は中古住宅が注目を集めています。 これは国の政策でもありますが、家を購入する場合は新築ではなくできるだけ中古住宅の購入を勧めています。 その背景にあるのは老人が増加し、空き家が増えたことです。 これにより空き家が増えた割には、新築住宅が依然人気で中古住宅が次々と余ってきているのです。 このままだと、10年後には空き家率が4割まで増えると言われており、家を購入したけども両隣が空家という状況も考えられるのです。 今後中古住宅が増えれば外壁塗装の数も増えていくことが考えられます。とはいえ今までのように業者間の競争も依然続いていくものと予想されます。